浴衣も着物買取の対象内?査定金額の相場も併せてご紹介

浴衣も着物買取の対象内

年齢や好みの移り変わりとともに、着なくなった浴衣がタンスの奥底に眠っていませんか?

浴衣は流行に左右されやすく、着物の中でも比較的安価で手に入るため、気に入ったものを購入していくうちに気づけばたくさん所有していた、なんてこともしばしばあります。

着なくなった浴衣を処分するなら、着物をプロの目で査定して買い取ってくれる着物買取業者に買い取ってもらうのがお勧めです。

この記事では、浴衣買取の査定相場や浴衣のお手入れ方法、浴衣を高く売るためのポイントなどをご紹介します。

ミチコ

着なくなった浴衣の処理に困っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

浴衣も着物買取の対象内

浴衣も着物買取の対象内

浴衣ももちろん着物の一種ですので、着物買取業者による買取が可能です!

ミチコ

しかし浴衣は着物とは違い新品でも安価で手に入るものが多く、中古品を探している人も少ないため、高額で買取してもらうことは難しいのが現状です。

とはいえ浴衣の種類によっては高く買い取ってもらえる場合もありますので、一度試しに査定に出してみることをお勧めします。

浴衣の査定相場はいくら?

それでは浴衣を買取に出すとなった場合、大体いくらくらいで買い取ってもらえるのでしょうか?

浴衣の査定金額は種類によっても変わりますが、一般的な浴衣であれば数百円、高くても数千円程度が相場となります。中には1万円を超えるようなものもありますが、ほとんどの場合は数百円程度と考えておくのが妥当でしょう。

有名ブランドの場合

竺仙や三勝、撫松庵といった有名ブランドの浴衣は、高く買い取ってもらえる傾向にあります。

またこれらの浴衣の中には「証紙」が同封されているものがあり、この証紙が添付されていると価値のある浴衣であることの証明となるため、もし手元にある場合は必ず一緒に提示するようにしてください。査定金額がさらに上乗せされる場合があります。

ブランド品の中にはその年にしか生産されていないレアなものや、有名デザイナーが手掛けた限定品も存在しており、そのように希少価値が高いものは高値で売れやすいです。

持ち主から見るとただの浴衣でしかないものでも、誰かにとっては喉から手が出るほど欲しいものかもしれませんよ!

ノーブランドのもの

百貨店で扱っているものの中には、紅梅織や綿絽といった高級浴衣に位置づけられるものもあり、これらはノーブランドでも値段が高くつくことがあります。

紅梅織とは太い糸と細い糸を使用し、生地に格子状の模様を浮き上がらせる技法のことです。

綿絽は木綿を使って織られたもののことを指し、強い透け感が特徴です。

仕立ててもらった浴衣や、祖母・母から譲り受けた高級浴衣を持っているのであれば、高額で買い取ってもらえる可能性が高くなるでしょう。

それ以外のノーブランド品は数百円となる場合がほとんどですが、実は高く売るポイントというものが存在します。詳細については、後ほど説明しますね。

サイズが大きく、着用回数が少ない浴衣

浴衣や着物は、着付け方で多少のサイズ調整が可能です。

そのため、多くの人が合わせやすい大きめの浴衣の方が、小さめのものよりも高値がつきやすくなります。大きめの浴衣とは、身丈でいうと160センチ以上くらいのものです。また、着用回数の少ないものの方が高額で買い取ってもらいやすいという特徴があります。購入後一度も着用していないものは未使用品として売ることができますし、仕立てて数回着用しただけの高級浴衣なども狙い目です。

浴衣を売ると決めたら、状態が良好なうちに早く売るようにしましょう。

しわや汚れがある場合は買取してもらえないの?

浴衣も着物買取の対象内

着用した際、もしくは保管の際にしわや汚れがついてしまうことがありますよね。

ミチコ

しわや汚れがある場合は絶対に買取してもらえないのかというと、そんなことはありません。

多少のしわや汚れは買取後に業者の方で除去することができるため、あまりにもひどい状態でない限り、買い取ってもらえるケースがほとんどです。とはいえ、しわや汚れは査定額にも影響しますので、買取に出す前にケアできるのであればそれがベスト。

ここでは、浴衣を買取に出す前のお手入れ方法を詳しく解説します。

しわがある場合はしわを取る

しわがついてしまっている場合は、しわを取ってから売りに出すようにしてください。
しわを取る方法については以下の通りです。

【1】しわの部分を軽く霧吹きで濡らす
【2】シーツなど布目の細かい布で包み、10分ほど布団の下に敷いて伸ばす
【3】うまく敷きのしできたら、陰干しをする
強いしわの場合は、アイロンを使います。
【1】衿芯を抜く
【2】洗濯表示で適切な温度を確認してから、ドライでアイロンをかける
【3】しわの部分を軽く霧吹きで濡らし、当て布をしてしわを取る

 

この方法で、しわが綺麗にとれるはずです。

着物に適した畳方・保管をする

しわを防ぐためにも、使用後は「夜着たたみ」「本たたみ」などの適切な畳方をすることが重要。
ここでは例として、夜着たたみの方法を解説します。

【1】浴衣の背中部分を平らに伸ばし、左に衿、右に裾がくるように広げて、手前側にある下前、上前の順に脇線に沿って折り重ねる(模様の部分には、和紙やノリのついていない白布を当てる)
【2】前側の衿の内側に、後ろ側の衿をたたみ癖に沿って折り返す
【3】左袖が上になるように、両袖を左右の胸の上にたたむ
【4】折り目がつかないよう、和紙を軽く巻いたものや真綿を浴衣の中央に置き、身丈を二つ折りにする
【5】真綿を浴衣の中央に置き、さらに身丈を二つに折る

 

以上が夜着たたみの方法になります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

シーズンが終わったらクリーニングに出す

浴衣は汗が染み込みやすいので、シーズンが終わったらクリーニングに出すようにしましょう。クリーニング後はビニール袋を捨て、一度風通しをしてから前述した「夜着たたみ」や「本たたみ」でたたみます。その上で畳紙や風呂敷に入れ、湿気のない平らな場所で保管するようにしてください。

浴衣はどこに売ればいいの?

浴衣も着物買取の対象内

浴衣を売りに出すと決めたものの、どこに売ればいいのか迷う方も多いのではないでしょうか。

浴衣を売りに出す先はいくつかありますが、ここでは3つの項目にわけて説明します。

フリマアプリ・オークションサイト

フリマアプリやオークションサイトは、スマートフォンやパソコンから簡単に物を売買できるため、売り手と買い手双方にメリットがあります。買い手は家にいながら手早く浴衣を入手することを望んでいますので、売り手も自分の希望した金額で浴衣を売ることができる可能性が高いです。

しかし、商品の出品や買い手とのやり取り、発送などの手間がかかるというデメリットもあります。

リサイクルショップ

リサイクルショップは全国どこでも存在することから、手軽に利用できる買取依頼先の1つです。フリマアプリやオークションサイトとは違い1点1点出品する必要がないため、売りたい浴衣を一気に処分できるメリットがあります。しかし、リサイクルショップは着物・浴衣買取のプロではありません。

そのため査定に関しては一般の洋服と同じく、重さ単位の量り売りとなってしまう場合がほとんどでしょう。

実際は価値の高い浴衣であったにも関わらず、リサイクルショップで安く買い叩かれてしまうという可能性もゼロではありません。

着物買取業者

最もおすすめしたいのは、着物買取業者に買い取ってもらう方法です。

着物買取業者なら着物・浴衣買取のプロが専門的な目で1枚1枚鑑定した上で、正確な値をつけてくれます。さらに査定のプロがその値段になった理由を丁寧に説明してくれるため、きっと結果にも納得ができるはず。加えてインターネットから簡単に申し込み、自宅まで来てくれる出張買取のサービスもありますので、商品を出品したり店まで運んだりする手間や労力を省くことができます。査定額が気に入らなければキャンセルすることも可能です。

たとえ古い浴衣であっても諦めず、一度着物買取業者に査定してもらってはいかがでしょうか。

浴衣を高く売る為には?

先述したように、浴衣には高く売るためのポイントがいくつか存在します。

少しでも高い値段で買い取ってもらえるよう、ぜひ参考にしてみてください。

6・7月に売る

浴衣は夏に向けて需要が高まるため、売るなら6・7月がおすすめです。

この時期は浴衣を探している人が多く、高い値段がつきやすくなります。

逆に言うと、8月以降のシーズンオフは価格が低くなってしまいがち。

6・7月の早いうちに売却するか、8月に入ってしまった場合は翌年の6・7月を狙って売りに出すようにしましょう。

クリーニングに出す

先ほども述べたように、シーズンが終わったらきちんとクリーニングに出すようにしてください。

浴衣は、早いうちに良好な状態で買取に出すのが高く売るポイント。

浴衣を着て夏を存分に満喫した後は、たとえ面倒でもしっかりケアを行うことを心がけましょう。

伝統的工芸品は高く売れる傾向がある

浴衣の中には、東京本染や有松・鳴海絞りといった伝統工芸品があり、これらは希少価値が高いため高く売れる傾向があります。

東京本染ゆかたとは東京都の江戸川区・足立区などで生産される手染めの浴衣で、日本の伝統的な染色技法である「注染」が多用されているのが特徴です。

有松・鳴海絞りは愛知県名古屋市緑区の有松・鳴海地方を中心に生産される絞り染めのことを指します。

これら伝統工芸品の工房と提携した浴衣には、伝統工芸品マークのついた証紙が付属していることがあります。

薄い紙ですので深く考えずに捨ててしまいがちですが、証紙の有無は買取金額を左右することにもなりますので、必ずとっておいて、浴衣を買取に出す際には一緒に提示するようにしましょう。

小物も一緒に買取に出そう!

浴衣を着る際は、帯や下駄などの小物が必需品になります。

そういった小物類も一緒に売りに出すことによって、買取金額が上乗せされる場合があります。

これらの小物は単品だと値段がつきにくいですが、浴衣とセットで売ることにより中古でそのまま販売できる状態になるためです。

浴衣を売る際には、帯や下駄などの小物も一緒に買取に出すようにしましょう。

まとめ

浴衣の査定相場や適切なお手入れ方法、買取依頼先や高く売るためのポイントなどを解説してきました。

着なくなった浴衣がたくさんあり、捨ててしまおうかと考えていた方は、是非着物買取業者を選択肢に入れてみてください!

査定依頼は無料ですし、金額に納得がいかなかった場合はキャンセルすることもできます。

もし査定で値段がつかなかった場合は、リメイクやフリマアプリへの出品で浴衣を再利用するという方法もありますよ。

楽しい夏を一緒に過ごしてきた思い出の浴衣を、ぜひ有効活用してくださいね!

ミチコ