着物を普段着にするには|着物男子を始める方法を年代別にご紹介

着物の買取で高く売る秘訣とは

「着物」と聞くと、特別な日に着る敷居の高いイメージをもたれると思います。

昨今は着物ブームも到来し、女性だけでなく男性もファッションの一部として普段着で着物を着る人が増えてきました。

とはいえ、「自分も着物を着てみよう!」と思っても、

何から揃えればいいの?
どんな着物を買えばいいの?
周りから目立ちすぎないかな?

などといった疑問や不安が湧いてきますよね。

そこで、これから着物生活をはじめたい男性の方に、着物のメリット・デメリット、年齢別におすすめの着物など、普段着でもっと着物を自然に楽しめるコツをご紹介します!

Instagramなどでも話題に!普段着着物とは?

普段着着物とは

冠婚葬祭や正式な場では着方や素材にも正しいマナーがありますが、普段着着物は細かいルールに縛られることなく、リーズナブルな価格でカジュアルに着ることができます。

Instagramなどでも、普段着着物のコーディネートを投稿している男性も増えてきて話題になっています。

街中やイベント時など、お洋服感覚で自分のセンスを取り入れながら日常的に楽しめるのが普段着着物の魅力です!

着物を普段着にすることはおかしい?

着物を普段着にして街中を歩くと、周りから目立って浮いてしまわないだろうか…?と不安になり、着物を着るのをためらう男性も多いと思います。

着物は洋服と違って、着る人の体形をさほど選ばないという特徴があります。

恰幅がある方が着ると貫録が出て男らしさが増します。

逆に、細身の方が着るとスマートで品がよい大人の男性に見えます。

TwitterなどのSNSサイトでも「着物を着た男性はいつもより格好よくみえる」「着物を着こなす男性はお洒落!」という感想が多く投稿されていて、着物男子を好む女性もたくさんいるのです!

着物を普段着にすることは、良い意味で周りから注目されることとなりそうです。

SNS上で普段着着物を披露する人が現れるように

ネットリサーチで着物に関するアンケートを行った調査では、「着物を着てみたい」「自分の着物が欲しい」と答えた男性の数は年々増えてきている傾向にあります。

SNSで普段着着物を公開する男性の影響もあってか、最近は京都の街でも着物を着る男性グループを見かけるようになったようです。

男着物専門店も増えてきて、ネット通販でも女性物より男性着物が売上を上回ることもあるそうです。

着物を普段着にするメリット

普段着を普段着にするメリット
着物は洋服と違って極端な流行りがなく、体系が変化してもサイズを変更せずに長く着ることができます。

男性の着付けや帯結びは、女性に比べるととても簡単です。

コツをつかめば、すぐに自分で着れるようになります。

洋服を着るよりもラクで肩がこらない、夏は涼しく、冬は暖かいなど着物を普段着にするメリットもたくさんあります!

日本人としての自覚を持ち気が引き締まる

現代では洋服が衣生活の大部分をしめていますが、街中でふいに着物を着ている人を見かけると心が落ち着きます。

着物は日本の伝統民族衣装です。

着物を着ると、日本人としての和の心を自覚できて気が引き締まります。

着物を着た時の立ち振る舞いや所作が身に付き、落ち着いてみえるようになります。

凛とした日本人らしい個性を表現できるのは着物の魅力ですね。

姿勢が良くなる。

洋服だと姿勢を気にせず、ついだらけてしまいがちになります。

しかし、着物姿で姿勢がだらけていると一気に格好悪く見えて、せっかくの和装姿が台無しです。

着物は自分自身の気が引き締まり、背筋をシャンと伸ばすように自然と心がけるようになります。

また、帯をすると腰の上を引き締めるように装着するので、腰が安定して姿勢が正せるという効果もありますよ。

被りにくい

街中で似たような服や同じデザインの服の人に出会うと、なんとなく気まずい雰囲気になりませんか?

着物は色や柄などデザインがとても豊富で、人と被ることがありません!

洋服だと避けてしまうような色や派手な柄でも、着物になると不思議と抵抗なく着れて、逆にお洒落さが増します。

帯や小物を変えるだけでも、がらりと印象が変わりコーディネートが無限大です。

ファッション感覚で楽しむことができますよ。

特別な気分を味わえ、お出かけが楽しくなる。

お出かけが楽しくなる

着物を着てお出かけをすると、洋服では味わえない経験をすることがあります。

例えば、観光地などでは海外の人によく話しかけられるようになります。

海外では日本の着物文化を芸術として高く評価しているので、着物文化に憧れをもつ外国人が多いようです。

一緒に写真を撮るのをお願いされる機会が増えますよ。

また、着物を着ていると「動きづらいだろうから」「汚れたらいけないから」と周りの人に親切にしてもらえます。

観光地・テーマパーク・飲食店では、着物を着ていくと割引や特典を受けれる所もあり、店員さんの接客も丁寧にしてもらえます。

着物を通して良質なご縁につながり、コミュニケーション能力を磨くこともできるでしょう。

着物を普段着にすることのデメリット

普段着着物とは

着物を持ってみたいけど、色々大変なことが多そう….、着物初心者の方には洋服と感覚が違うため、難しく感じる部分もでてくると思います。

そこで、よく聞かれる着物のデメリットとはどのようなものかご紹介します。

お手入れが面倒

洋服と違って、着物は脱いだらそのままという訳にはいきません。

普段着着物でしたら、自宅で洗える素材もありますので毎回クリーニングに出す手間はいりません。

しかし、自宅で洗えたとしても、今度は和装ハンガーにかけて干すスペースが必要になってきます。

干した後もシワができないように、和装のたたみ方「本だたみ」を覚えなければいけません。

保管は長持ちさせるために、和装専用の「たとう紙」に入れて保管します。

お手入れに多少手間をかけてしまう部分は面倒に感じるかもしれませんね。

動きづらい

着物は洋服と比べると、走ったり自転車に乗ったりなどの動きが制限されてしまいます。

裾や袖が汚れないか気を使ったり、大きい動作やトイレの時も着崩れを気にしてしまいがちです。

慣れるまでは、日常生活に動きづらさを感じることもあるでしょう。

年代別に紹介!着物男子の始め方

男性の着物は、女性物と違って着丈の長さを調節することができません。

まずは自分の身長・体格に合ったものを選ぶことが前提です。

普段着着物程度でしたら、着物に帯を締める着流しスタイルで大丈夫です。

自宅でも手軽に洗える化繊のポリエステルは、お手入れも簡単です。

10月~5月は裏地のついている袷(あわせ)の着物を。

6月~9月は裏地のない単衣(ひとえ)の着物を。

7・8月は透け感があり、見た目も涼しい上布(じょうふ)・絽(ろ)・紗(しゃ)の着物を。

長襦袢の半襟も夏用に揃えておきましょう。

夏場は特に透けるので、和装用ステテコなどを準備しておくといいですよ。

そして、着物はお洋服と同じように年代によって「似合う着物・柄・色」が違ってきます。

年齢に合わせて着方を変えていくと、もっと粋で素敵に仕上がります!

それでは、年代別に似合う普段着着物をご紹介します!

50代以上の普段着着物

中高年やシニア世代は、和装がとても似合う年代です。

年齢を積み重ねた魅力を一層引き出してくれるでしょう。

50代にもなると若い時に比べて下腹も出てきますので、気になるお腹周りを隠して体系カバーにもなります。

  • 春、秋冬:紬・木綿・ウール
    大島紬や結城紬など、上質な紬は50代以上の男性に良く似合い、若い方には出せない貫録がでます。
  • 夏:浴衣・上布・絽・紗
    祭りごとには浴衣でもいいですが、普段の夏着物なら麻で織った「上布」が通気性も良く、大人の男性の品格もでます。
  • 帯:角帯
    博多織や深みのある米沢織が渋みを増してくれます。正絹の帯は高級感があり、締めやすいので1本は持っておきたいですね。
  • 色:黒・紺・茶・ボルドーなど、深みのあるクラシックな色が映えます。着物と帯を同系色にすると、落ち着いた上品な感じになります。柄はあまり使わず、無地でシックな伝統的な装いが最も似合う年代でしょう。

40代~

大人の余裕と落ち着きが出てくる40代は、着物を着るとより男性の魅力と風格がでますね。

50代と同じく上質な物が似合ってくる年代です。

これから年を重ねても長く着れる、質の良い普段着着物や帯を揃えておくといいでしょう。

  • 春、秋冬:紬・木綿・ウール
  • 夏:浴衣・上布・絽・紗
  • 帯:角帯
    博多織や、おしゃれなデザインが多い西陣織で帯にインパクトをつけても素敵ですね。
  • 色:グレー・ワイン・薄グリーンなど、渋い色は格調がありダンディさを演出してくれます。特に40代はグレーがよく似合うとも言われています。使う色はあまり多すぎず、帯と襟の色調を合わせると大人の色気が上がります。着物を濃い色にして、帯を淡い色にするとクールな印象に仕上がります。落ち着きすぎず・遊び過ぎずスマートな和装の着こなしが似合う年代です。

20代・30代~

まだまだ若く元気な年代であり、精神的にも余裕が出てきます。

落ち着いた大人の男性に憧れを持つ頃でしょう。

恋人や奥様の影響を受けたり、自身も成人式や結婚式などで着物を着る経験が増えます。

このようなきっかけで着物男子に目覚め、着物をファッションの一部と捉えている方が多い年代のようです。

  • 春、秋冬:紬・木綿・ウール
    デニム素材やアンティークな総柄着物など、お洒落かつカジュアルな着物も似合います。
  • 夏:浴衣・上布・絽・紗
  • 帯:角帯・兵児帯
    カッコよくキリッと決めたい時は角帯で、ラフにカジュアルに決めたいときは兵児帯がおすすめです。
  • 色:黒・紺・紫・カーキ・ブルーグレーなど、濃淡をつけた色合いや大きめな柄も似合います。着物を淡い色にして帯を濃い色にするとカジュアルに。無地の着物でも帯を大きめの柄にすると、年よりくさくならず大人っぽく仕上がります。若々しさと粋な感じを演出したいなら、帯は着物と地色の反対色にするといいでしょう。和装バッグの信玄袋や羽織があると色んなシーンで長く活躍してくれるので、この年代から揃えておきたいですね。

10代

活動的でフレッシュな10代は、ファッションにも敏感です。
背伸びして大人っぽくしたくなりますが、10代だからこそ出来るリーズナブルで個性な着物を楽しんでほしいです。
10代の頃から着物に触れていると、所作も身につきやすくなり伝統や和の奥深さに魅了されていくでしょう。

  • 春、秋冬:木綿・ウール
    一人でも簡単に着られるワンタッチ式の着物もありますので、和装初心者にはおすすめです。
  • 夏:浴衣
  • 帯:角帯・兵児帯
    角帯もマジックテープ式があり、1人で簡単に着ることができます。
  • 色:赤・青・白・黄色・ライトブルー・モスグリーンなど、明るく大胆な色合いで大きい柄でも着こなせます。
    着物と帯を濃い色にすると個性的に仕上がります。
    着物を原色で帯色を暗めにしてメリハリを出したり、着物と帯のデザインを正反対にする着こなしも10代には嫌みなく似合います。
    最近は、ベルト調の帯や、カラフルでポップなデザインの足袋なども増えてきています。
    小物を取り入れ、10代の若さを引き出すスポーティー感を楽しんでみてはいかがでしょうか。

普段着着物の相場は?どこで買える?

着物の値段はピンからキリまであるため、価格やどこで購入すればいいのか悩んでしまう所です。

最後は、普段着着物の一般的な相場や購入場所についてご紹介していきます!

普段着着物の相場

紬・木綿・ウール・・・40,000円~
(大島紬などになると200,000円~400,000円)
夏物単衣・・・30,000円
夏物絽・紗・・・20,000円~30,000円
羽織・・・10,000円~30,000円(素材や刺繍によって変ります)
浴衣・・・5,000円~10,000円
長襦袢・・・10,000円~30,000円
帯・・・10,000円~40,000円
腰紐・・・1,000円~
足袋・・・3,000円~

おすすめの購入場所

普段着着物を楽しみましょう!

普段着着物を楽しみましょう

最近の着物は、襦袢の半襟を縫わずにファスナーで簡単に取り外しができるものや、苦しくなく着崩れを防ぐベルトなど、現代の生活様式に合わせて簡単になっています。

着物を購入するときも、お店の方から勧められたまま全て買うのではなく、自分に必要な物だけを吟味しましょう。

最初は手軽な価格のネットや、リサイクルショップ、蚤の市などで探してもよいと思います。

全て「和」テイストで揃えず、小物などで「洋」を取り入れたスタイルも現代の普段着着物の着こなしによく似合います。

これから普段着着物を楽しみたい!という方は堅苦しい和装のルールにとらわれず、洋服と同じ感覚で自由に着こなしてあげましょう。