入学式に相応しい着物選び!着物に合う髪型や着物で参加する割合についてもご紹介!

  • 入学式に着物で参加するのは少ないのか?
  • 着物を着ていって、自分の子供が仲間外れにされてしまったらどうしよう…
そんな悩みを抱えている方も少なくないはずです。

入学式はお子さんと周りのお子さんとの大事な初対面の場でもあり、悪目立ちしてしまったり、浮いてしまうような事態は避けたいもの。

入学しに着物を着用していく時のルールや、実際に入学式に着物を着てくる着用割合をご紹介します!

入学式の服装に悩んでいる方は、参考にしてくださいね。

ミチコ

お子さんの入学式には訪問着や色無地がおすすめです!

お子さんの入学式には訪問着や無地色がおすすめ。入学式は華やかな場面にあたるので、着物の格式に注意を払いましょう!

訪問着ってどんな着物?

お子さんの入学式におすすめなのは訪問着と言う種類の着物です。

訪問着とは留袖の次に格式が高い着物で、未婚、既婚関係なく着用することが可能。

絵羽模様と言う模様が施されており、華やかな印象がある着物です。

入学式問わず、結婚式やパーティーなどでも使用できる着物なので、一つ持っておくと便利ですね。

色無地は?

一色で染め上げた着物で、セミフォーマルなシーンで活躍する着物。

通常は1つだけ紋が入っていますが、3つ以上入っている色無地は訪問着よりも格式が上になります。

見た目もかなりシンプルで上品なので、目立ちすぎることなく、お子さんの引き立て役に徹することが出来るのでおすすめ!

入学式の着物にあう母親の髪型

入学式に着物を着用していく際、それに合わせた髪型にセットする必要があります。入学しにこ着物にあう母親におヘアスタイルをご紹介しますので参考にしてくださいね!

ショートヘア

ショートヘアは髪の長さが短い分、華やかなアレンジがしにくいと言われています。

しかし、入学式の場は、あくまでもお子さんが主役。

参列する母親を華やかに見せる必要はあまりありません。

むしろ、上品で落ち着いた印象のアレンジを選択する必要があります。

ショートヘアの場合、髪を軽くねじって、ヘアピンなどで軽くとめるだけでもOK!

落ち着いた印象の髪飾りなどを合わせるとオシャレ感も一気に上昇!

母親らしい、落ち着きのある上品な髪型が可能になります。

ミディアムヘア

ミディアムヘアの方の場合もヘアアレンジは簡単で構いません。

毛先をワンカールさせて、髪が広がり過ぎないようにヘアピンで整えるだけでもOK!

編み込みをあしらえば、髪飾りがなくてもおしゃれな印象に。

ふんわりとした印象の髪型は、きっちりとした和装の良いアクセントになります。

着物の着付けはなかなか時間のかかる作業なので、ヘアスタイルはなるべく簡単にできるものを考えておきたいところ。

ミディアムヘアは長さも適度なので、簡単なアレンジが豊富です。

ミディアムロング

ミディアムロングはトップにボリュームを出しやすいので華やかな印象を作りやすい長さです。

トップにボリュームを出すことでかなり華やかな印象になるので、髪飾りはシンプルなものを選択しましょう。

ミディアムロングの場合は、少し緩くセットするのがおすすめ。

また、編み込みを作り、低い位置にまとめ、緩めにお団子を作るのもおすすめです。

今風のゆるふわスタイルは着物との相性も抜群!

髪が華やかになりやすいので、色味の少ないシンプルな着物を選択するとバランスが取りやすくなります。

ロングヘア

髪の長さが長くボリュームが出やすいので、サイドに流してしっかりまとめておくのがおすすめです。

アップやお団子はどうしてもボリュームが出過ぎてしまうので、流したり、編み込んだりと言うアレンジ方法を選択しましょう。

サイドを編み込んだシニヨンスタイルが特にオススメです。

華やかでありながら上品さも兼ね備えているので入学式には最適ですね。

着物に合う入学式の髪型は「夜会巻」が定番!

夜会巻きは和装、洋装の両方と相性の良い髪型で、フォーマルなシーンで大活躍します。

もちろん着物との相性も抜群で、上品で適度に華やかな印象に。

アレンジもかなり簡単なので、自宅で自分一人でスタイルが完成します。

夜会巻きは髪飾りとの相性も良いので、華やかさを少し出したいという方は、プラスしてもOK!

その際に選択する髪飾りは、小ぶりでシンプルなものを選択しましょう。

入学式での選びのポイント!

入学式に着用する着物の選び方をご紹介します!ポイントをしっかり抑えて、より適切な着物を選択しましょう。

季節感がある柄を選びましょう

着物は、様々な色や模様があり、季節感を意識するのも重要です。

入学式は一般的に春に行われるものなので、桜や牡丹を選択するのがおすすめ。

桜は春の花というだけでなく新しい門出や豊かさを連想させます。

淡いピンクも春らしく可愛らしい印象に。

牡丹は桜よりも少し華やかなイメージで、富や幸福という意味を持つ花です。

どちらも入学式にぴったりな柄と言えますね。

他にも動物の模様や景色の模様など、様々な柄があります。

春らしく爽やかな柄のものを選択するようにしましょう。

淡い上品な色がおすすめです

入学式の主役はお子さんですから、付き添いにあたる母親は控えめな印象の着物を洗濯しておきたいところ。

着物の色みは、全体の印象に特に大きく影響するものです。

春らしさと上品さを演出するためにも淡い色を選択するようにしましょう。

ピンクや薄紫、水色などが特におすすめ。

入学式の季節に合った、春らしく爽やかな着こなしをイメージしましょう。

あくまでもお子さんより目立つことなく、控えめなものを意識してくださいね。

入学式はお子さんが主役!派手な色や柄は控えましょう

入学式の主役は、あくまでもお子さんです。

お子さんをしっかり引き立てるためにも、派手な色や柄は控えるようにしましょう!

遠目から見たときに、お子さんの入学式なのに母親が気合いを入れすぎていると思われてしまう可能性もあるので、抑えめに行きましょう。

お子さんのためにも、自分のためにも控えめなものを選ぶようにしましょうね。

礼装用の袋帯を選びましょう

礼装用の帯は袋帯が基本です。

二重太鼓にすることで厚みを持たせ、より格式高い印象に。

礼装用には、金糸や銀糸が使用されたものを選択します。

とは言え、金糸や銀糸が多すぎるものを選択すると華やかになりすぎてしまうので、ポイントとして控えめに入っているものがおすすめ。

白などの淡い色に少し銀糸や金糸が入っているものを一つ持っておくと、着物と合わせやすく便利です。

帯締めで変化をつけることで、締まった印象になります。

帯締めも明るすぎる色味ではなく、くすんだようなワンポイントとして使用できる色味のものを選択しましょう。

長襦袢・半衿の色に注意

長襦袢は着物の中に着るインナーのようなもので、どのウロを選択するかで、カジュアルとフォーマルが変わります。

準礼装として参加するべきものなので、基本的には白を選択しましょう。

もし、白を持っていないという方は、薄いピンクやぼかしが入ったものなど、華美なものは避けるようにしてくださいね。

半襟は着物の襟から見えるもので、付け襟のようなもの。

基本的には着用前に長襦袢に縫い付けて使用します。

半襟も色味は様々で、こちらも入学式の際は落ち着いた淡い色味のものを選択しましょう。

長襦袢と色を合わせると落ち着いた印象になるので、長襦袢と半襟は同じ色味を選択するのがオススメです。

母親が入学式で着物を着たら浮く?着物で参加する親の割合は?

入学式に着物で参加する母親はどのくらいいるのだろうと疑問に思いますよね?

参加した入学式で着物の方が少なく、浮いて締まったら嫌だと不安になることでしょう。

入学式で着物を着て参加する母親の割合や、印象をご紹介します。

入学式の服装選びの際の参考にしてくださいね。

子供の入学式・卒業式に着物を着る母親の割合

入学式に着物を着ていく母親の割合は、平均して20%程度。

5人に1人が着物で参加するようなイメージですね。

都心に近づくほど、その人数の割合は下がり、地方に行くほど上がるようです。

住んでいる地域性や、両親と同居しているかどうかでも変動するようでした。

地方の場合、着つけてくれる方が同居していたり、着物に普段から馴染みがある方が多いので、着物を選択しやすくなるようでした。

都心に近づくと、両親と同居している世帯は一気に減少し、着付けられる方が近くにいないというのが大きく影響します。

そのため、着物に馴染みがない方が多くなるので、着物を選択する方は一気に減ってしまうという結果に。

他のお母さんから見た印象

入学式は配布物が多く、施設内に階段が多かったりするので、着物では大変な点が多いのも事実。

着つけるのが大変だったり、着物に慣れない方は動きにくいので、選択しにくいようでした。

そういった点から、着物を着て参加している方を見ると、大変そうだなという印象を持つ方も少なくありません。

しかし、礼装として着物はしっかりと浸透しているものなので、着物を着ている方を見てマイナスな印象は持つ方は少ないようです。

お子さんの大事な場面だからしっかりと気合いを入れて着たのだろうと捉えられることが多いようでした。

色々と大変そうだから自分は着物を選択しなかったというだけで、着物で参加した方を悪く思うということはないようです。

着物で入学式に参加しようと考えている方は、周りに着物で参加している方が少なかったとしてもマイナスな印象を持たれることはないようなので、安心ですね。

着物で入学式に参加する際に気を付けることは?

着物で入学式に参加する際の注意点はいくつかあります。しっかり抑えて、準備万端な状態で入学式を迎えましょう。

お手洗いは早めに済ませましょう

着物を着用する際のデメリットは、一度着物を着用するとお手洗いがしにくくなること。

女性の場合、しゃがんだり座ったりという作業が伴うので、一気に着崩れてしまいます。

着物の扱いに慣れている方や、普段から着物を着ている方は簡単に処置ができるかもしれませんが、慣れていない方に着物の着直しは難しいでしょう。

一度着崩れてしまった着物は、徐々に着崩れていき、座っているだけでも前がはだけてしまうというような状況になることも。

そのため、着物を着る前にしっかりとお手洗いを済ませておく必要があります。

また、式の途中でお手洗いに行きたくならないように、水分補給も控えめにしておきましょう。

着物を着つける予定の時間よりかなり早めに起きて、食事や水分補給をしっかり済まし、お手洗いも済ましておくのがオススメです。

美しい着物を少しでも綺麗な状態のまま着ていられるように、最善を尽くしましょう。

ゆっくりおしとやかに歩きましょう

歩き方も着物を綺麗に長時間着こなすための重要なポイント。

なるべく歩幅を狭く保ち、内股でおしとやかに歩きましょう。

歩幅が広すぎたり、ガニ股で歩いてしまうと着物がはだけてしまいます。

すり足を意識し、階段などは慎重に少しずつ上りましょう。

可能であればエレベーターやエスカレーターの使用をオススメします。

着物を着ている間は、少しの移動もしっかり気をつけましょう。

入学式後食事に行く際には汚さないように細心の注意を

入学式のあと、食事会が開かれるというケースが多くあります。

楽しい食事の場ですが、食事をするとどうしてもこぼしてしまったり汚れがついてしまうという可能性が…。

着物は洗濯やクリーニングに弱区繊細なので、汚してしまったという状況は避けたいもの。

特に油汚れなどは、忘れた頃に浮いてきたりするので、その場では気づけない可能性もあります。

時間が経った油汚れを落とすのは難しく、その着物をもう二度と着れなくなるかも知れません。

そうならないためにも、食事の時に十分に注意する必要があります。

食事の時はナフキンをつけたり、汚れそうな油物や汁物はなるべく避けて食べるなど意識をするようにしましょう。

まとめ

着物の着用で浮いてしまったり、目立ちすぎてしまったりしないかなと心配になりますよね。

日常であまり着る機会のない服装になるので、不安になるでしょう。

もちろん、着物を入学式に来て行くためには着物の種類や色、模様などをしっかりと意識しなくてはなりません。

着付けも簡単ではありませんし、髪飾りや所作など気をつける点も多数あります。

しかし、着物は入学式などの大事なシーンにぴったりの正式な礼装なので、大事なお子さんの晴れの日に最適なのです。

何より、お子さんの入学式は節目なので、たくさんの写真が撮影されますし、思い出にも残りやすいタイミング。

着物でしっかりと気合いを入れ、万全の体制で入学式に臨みましょう!

ミチコ