着物の帯の種類は何があるの?帯の特徴と使う場面について

着物の帯の種類は何があるの

結婚式にお呼ばれする際にはパーティードレスを選ぶ人も多いですが、大人の女性には着物での参加もおすすめです。着物は日本女性らしい品の良さが現れ、また体型もきれいに見せることができます。大人の女性にしか出すことができない落ち着いた雰囲気も大きな魅力です。

着物を着る際に必要になるのが帯ですが、帯の選び方にもいくつかポイントがあります。着物似合う帯を選ぶことで、より美しく着物を着こなすことができるのです。選ぶ帯によってそれぞれ特徴が異なり、適したシーンも様々です。

ということで今回は、結婚式に着物で参列する際の帯の選び方について紹介していきます。

ミチコ

着物の帯の名称は「長さ」と「幅」で分けられる

一口に「帯」と言っても、その種類は大きく分けて3種類あります。帯は「長さ」と「幅」に規定があり、サイズの違いによって名称が変わってきます。帯は「袋帯」「名古屋帯」「半幅帯」の3種類に分かれており、それぞれ特徴も異なります。ここからは、それぞれのポイントを紹介していきます。

袋帯

袋帯は幅が30〜31.5cm、長さは430cm前後です。3種類ある帯の中では幅も長さも最も大きいのが特徴です。柄のある表地と無地の裏地を合わせて作られたもので、袋状になっていることからこの名がつけられました。中に空間ができることから軽く動かしやすく、扱いやすいのが大きな魅力です。

裏地は基本的に無地ですが、最近では地紋のある生地を使うことも多く、そのバリエーションが多様化しています。

袋帯の模様として使われることが多いのは植物文様や自然文様、風景文様や鳥・動物・昆虫文様や正倉院文様など、日本らしい「和」を感じされるものが基本です。繊細なデザインで描かれているので、華やかな着物にぴったりなデザインとなっています。

袋帯は昭和初期頃に誕生した帯で、「丸帯」の様相を受け継いで作られています。丸帯は江戸時代に使われていた帯ですが、幅が長くさらに重量もあり、扱いづらいのがデメリットでした。また、格式の高い帯ではありますが、なにしろ高価なので庶民には手が出せませんでした。そのため現在では丸帯は婚礼の衣装や芸妓さんの衣装などに使われるのみとなっています。丸帯を元に幅を短くして原価を抑え、簡略化して作られたのが袋帯なのです。

名古屋帯

名古屋帯は袋帯よりもやや短く、幅が30.4cmほど、長さが360〜380cmほどの帯を指します。幅が短く扱いやすいので、小紋や紬などの「普段着」として着用する着物に使用することが多い帯です。

名古屋帯はその名の通り、大正時代に名古屋の女学校の教師が考案したものです。長さがあるため二重太鼓にしなければいけない袋帯よりも手間や時間がかからないので、袋帯よりも安く購入することができます。

袋帯は「二重太鼓」と呼ばれる結び方で華やかに仕上げることが多いですが、名古屋帯は普段着として使用することも多いので、一重太鼓と呼ばれる簡易的な結び方が一般的です。二重太鼓で結ぶ「袋帯」は「喜びが何回あっても良い」という意味を持つので、結婚式などの慶事にふさわしい帯です。

対して「名古屋帯」は一重太鼓が基本で、「重ならないように」という意味を持つので、礼服として使用するならお葬式などの「弔事」に用いるのが基本となっています。普段着として着る分には名古屋帯でも問題ありませんが、式典に使用する場合には使う帯によって意味合いが異なるので、注意が必要です。

半幅帯

半幅帯は、袋帯や名古屋帯の半分ほどの幅で、「細帯」とも呼ばれています。袋帯や名古屋帯は幅約30cm前後の8寸ほどの長さですが、半幅帯は17cmで4寸ほどの幅です。

もともと羽織を着る際に使われていたもので、「背中の帯を見せない」ようにする必要があったため、細めの帯である必要がありました。現在では使い方も多様化してきており、普段着としてはもちろん、浴衣などに使用することも多いです。

幅が短い分結びやすく、様々な結び方ができるのでカジュアルな場面にぴったりの帯となっています。普段着として時期を問わず使用することができるのも大きな魅力で、一つ持っていると便利に役立てることができるでしょう。

幅がない分初心者でも扱いやすく、自分でも手軽に結ぶことができるのが大きな魅力です。着物を選ばずに使うことができ、紬や木綿などのカジュアルめな素材とも良く合います。普段着として着物を着る機会が多い人は、ぜひ一枚持っておきましょう。

半幅帯は価格もリーズナブルで、5000円ほどで購入できます。名古屋帯などが10000円ほどするので、お手頃価格で購入することができるのが嬉しいポイントです。

帯の長さと幅の理由

帯の長さや幅といったサイズについて紹介してきましたが、なぜ帯にはこのような規定があるのでしょうか。着物を引き立てる帯はやはり着物に合わせて作られているので、着る着物の種類に合わせることも大切なのです。

袋帯に似合う着物

袋帯は華やかなデザインが施されているものが基本であり、丸帯の次に格式の高い帯です。そのため、合わせる着物も華やかなものを選ぶとバランスをとることができます。

フォーマルな場で着用するなら、唐織や糸錦、綴、金襴や銀襴と言った素材で作られたものがベストです。由緒正しい高級感のある素材で作られた着物であれば、袋帯を合わせることでさらに格式の高いスタイルに仕上げることができます。

また、既述の素材ほどフォーマルなものではありませんが、ふくれ織りや絞り、絣や更紗、綾織りという素材で着くられた着物は、現代風でおしゃれな雰囲気なので、華やかな袋帯と合わせるのがおすすめです。

袋帯に合う着物は様々ありますが、唐錦や糸錦などの格式の高い袋帯に合わせるなら振袖や留袖が良いでしょう。また、白・金・銀を地の色に使用した錦織や唐織の帯には、留袖が適しています。金銀箔や綴織りなどの帯はカジュアルな雰囲気なので、訪問着として簡易的な礼服を合わせるのがベストです。

格式が高いものを合わせるのが基本ですが、デザインや素材次第でカジュアルな礼服にも対応できるのが、袋帯の魅力と言えます。

名古屋帯に似合う服装

袋帯よりも普段使いに適した簡略的な帯として作られているのが名古屋帯ですが、これにはどのような服装を合わせたら良いのでしょうか。名古屋帯はセミフォーマルとして使用することもできますし、カジュアルなスタイルにも適しています。

名古屋帯にもデザインが入っているものが多いので、無地の着物と合わせると良いアクセントになります。大きめの模様が入っている場合には、着物は淡いカラーなどを合わせて、帯を目立たせるスタイルがおすすめです。

柄物の着物を合わせたいという場合には小さな模様がたくさん散りばめられた「小紋」と呼ばれる着物を合わせるのも良いでしょう。大ぶりのデザインの帯と小紋デザインの着物であれば、デザイン同士がケンカすることもなくきれいにまとまります。

また、訪問着などと比べると全体的に模様が少なく、模様が全て上を向いている「付け下げ」と呼ばれるデザインも名古屋帯との相性が良いです。

また、華やかな色味の着物に合わせるなら、帯にはあえて黒のような締め色を選んで、メリハリをつけることも大切です。全体的に同じ色だとアクセントが足りず、全体的にのっぺりとした印象になってしまいます。

半幅帯

半幅帯はカジュアルな帯なので、普段着として使用する着物とはデザイン次第ではありますが組み合わせやすいです。

普段着に使用するのはもちろん、浴衣などとも合わせやすいのが半幅帯の魅力で、幅も短いので自分でも結びやすいという利点があります。半幅帯のデザインはたくさんあり、シックでシンプルなデザインのものなら華やかな色味の着物と合わせてもバランスがとれます。もちろん、アクセントとなる色味が入っていれば、同色系のカラーでまとめてみても良いでしょう。

柄物の着物と合わせる場合には帯はできる限りシンプルなデザインを選らんだほうがバランスが取れますし、その逆もしかりです。

半幅帯はその扱いやすさゆえに結び方のバリエーションが多いのが大きな特徴でもあります。袋帯は二重太鼓、名古屋帯は一重太鼓が基本ですが、半幅帯の場合はリボン結びにしたりなど、可愛らしいシルエットを楽しむこともできます。

カジュアルで着付けも簡単で、コツさえつかむことができればささっと着て普段着として街を歩き回ることができるのも半幅帯の大きな魅力なのです。ぜひ着付けを練習して、普段づかいを楽しんでください。

シーン別にふさわしい帯をご紹介!

ここまで帯の特徴や具体的に合わせる着物について紹介してきましたが、実際に様々なシーンでどのような帯を合わせたら良いのでしょうか。

ここからは、シーンをベースに適した帯について紹介していきます。結婚式などを控えているけれど着物と帯の組み合わせがわからないという人は、ぜひチェックしてみてください。

ミチコ

結婚式でふさわしい帯

袋帯は、3種類の帯の中でも最も華やかで、フォーマルな場にぴったりの礼装です。結婚式や披露宴はもちろん、お茶席やお見合い、お茶席や各種式典など幅広い用途で使用することができます。

帯の結び方としては長さがあるので、既述のように「二重結び」が基本。裏生地と表生地を袋状になるように縫い合わせているので、格式高い雰囲気に仕上がります。二重結びは婚礼などのおめでたい席にぴったりなので、結婚式が控えているという人は検討してみると良いでしょう。

結婚式の他にも振袖や留袖、訪問着などの礼装に組み合わせることも多いので、使用する場面はわりとたくさんあります。袋帯と一口に言ってもその種類は様々ですが、西陣織や佐賀錦と言ったものがよく知られています。また、金糸や銀糸を使って作られてものは華やかな雰囲気なので、結婚式などのおめでたい席に適しています。

紬の生地、またポリエステルなどの素材を使ったものも多いので、格式の高い礼装としてだけではなく、カジュアルな準礼装などにも使用することができます。華やかな柄の帯が一般的ではありますが、無地や小紋などのシンプルで上品なデザインも多いので、着物の雰囲気に合わせて選ぶことができるのも嬉しいポイントです。

普段着や浴衣におススメな帯

名古屋帯は礼服として使用することもできますが、袋帯ほどの長さがないので、基本的に「一重太鼓」という結び方になります。この結び方は「もう繰り返さないように」という意味があるので、結婚式などの慶事よりはお葬式などの弔事に適しています。

また、名古屋帯は礼服の中でも簡易的で普段使いしやすいようにと開発されたものなので、普段着として使用することができます。適度にフォーマルで適度にカジュアルな雰囲気なので、お茶会や習い事などのセミフォーマルな場面で役立てることができます。

お茶会などの和気あいあいとした雰囲気の場所に赴く場合には、訪問着や無地、江戸小紋などのシンプルながらも華やかな雰囲気のある着物と合わせると良いでしょう。カジュアルに結ぶことができるのも名古屋帯の特徴なので、様々な場面で役立てることができます。付け下げや色無地などの着物とも相性がいいので、ぜひ組み合わせてみてください。

名古屋帯は袋帯を簡略化して作られたものなので、正装として使用するには適してはいませんが、普段使いの衣装として一つ持っておくと便利です。名古屋帯と袋帯の中間に位置するものとして「京袋帯」というものもあります。

お茶会におススメな帯

普段着として着物を着たいという場合には、半幅帯をいくつか持っておくと便利です。完全にカジュアルな和装を楽しみたいという場合には、使い勝手の良いこの帯が最も適しています。半幅帯は幅が短い分扱いやすいのが大きな特徴で、初心者でも使い方は簡単です。

着物と合わせるなら小紋や紬などの簡易的なものと組み合わせると相性が良く、浴衣などに合わせるのも基本的にはこの半幅帯です。

縫い目に模様がかからないように作られているこの半幅帯は、デザインを生かすことができるので、ファッションとして着物を楽しみたい人に適しています。最近では訪問着とほぼ同じ格のものとして使用することができるほか、カジュアルでシンプルなデザインのものまでそのバリエーションは豊富です。

袋帯や名古屋帯は二重太鼓や一重太鼓が基本ですが、半幅帯は結び方も多種多様なので、着物のデザインに合わせて様々なスタイルを楽しむことができます。習い事などではシンプルな結び方が良いですが、普段着として使う場合にはおしゃれの一環としてリボン結びなど可愛らしい結び方を楽しむのも良いでしょう。

まとめ

今回は、着物の帯の種類やその使用シーンについて紹介してきました。着物と言ってもその種類は様々で、そこに合わせる帯の種類もたくさんあります。主に3つの帯の種類について紹介してきましたが、フォーマルなものからカジュアルなものまであるので、自分がどのようなシーンで使用するのかということをしっかり考えて選ぶ必要があります。

といっても最近では袋帯などの格式の高い帯でもカジュアルな場面で使用することができるものもあるので、そこまで気にしすぎることはありません。正装をするなら袋帯、カジュアルなら半幅帯、というような感じで認識をしておくと良いでしょう。

帯によって結び方なども異なるので、そちらもきちんと確認しておくことが大切です。正しい帯選びをして、和装を楽しみましょう!

ミチコ