着物の種類を着用シーン別にご紹介!結婚式にふさわしい着物や柄について

着物の種類を着用シーン別にご紹介!結婚式にふさわしい着物や柄について

着物は形や色毎に着用シーンが決まっています。

美しい着物を着ていても、状況とあったものを選択していなければ恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。

今回は、着物の種類をシーン別にご紹介します。
種類や柄について詳細に触れて行きますので着物選びの参考にしてくださいね。

ミチコ

着物は種類ごとに「格」というものが存在する

着物は種類ごとに格が存在し、格ごとに利用シーンが異なります。

自分が持っている着物がどの格に該当するものなのか確認してみましょう。

【普段着】気軽なお出かけに最適な装い

街着や浴衣などは普段着に該当し、ちょっとしたお出かけに使用するものになります。

木綿やウールでできた着物は基本的に普段着に該当するケースが多いです。

普段着に該当する着物の多くは手入れがしやすく保管が難しくないというメリットがあります。

生地の値段も高額になりにくいので気軽に着物を楽しみたいという方にオススメです。

【盛装】お祝い事など華やかな装い

美しく華やかな着物を指し、美しく整った和装女性に使用する言葉です。

模様が鮮やかで美しい着物が多く、パーティーやレセプションなど華やかなシーンで大活躍。

基本的には季節の影響を受けないものになるので一年中使用することができる種類となっています。

【準礼装】礼装に次ぐフォーマルな装い

色留袖、訪問着、振袖、色無地、紋付などが該当します。

歌舞伎を観に行ったりパーティーに参加する際に着用するもので、礼装に次ぐセミフォーマルな装いになります。

華やかな装いながらも派手すぎないものが多いので、様々なシーンで活躍する着物です。一着持っておくとイベントごとなどでかなり重宝します。

【礼装】もっとも格式の高い装い

第一礼装と呼ばれるものが最も格式高いものとされています。

礼装着は打掛、黒留袖、本振袖、喪服などが該当します。特別なタイミングで使用するものがほとんどで、普段使いはしません。

着物の価格もかなり高額になります。手入れが難しく保管にも細心の注意が必要です。

着物の種類をご紹介!カジュアルなシーンに最適な着物は?

着物の中には、普段使いが可能なものがいくつかあります。代表的なものを、用途と合わせてご紹介します。

【着物の種類①】浴衣

浴衣は夏に着る薄手の着物のことで夏祭りなどで活躍します。洋服よりも通気性がよく、見た目以上に快適に過ごすことができます。

価格がリーズナブルなものが多いので、複数枚持っている方も多くいます。

小さなお子さんから年配の方まで楽しめる、着物の中でも一番親しみやすい種類のものです。

【着物の種類②】小紋

小紋は遊び心のある模様が全体に広がっているものが多く、普段着に属しています。柄の種類もかなり豊富なので、個性が出しやすい着物でもあります。

小紋を着るときは観劇や歌舞伎鑑賞などに適しています。他にも、お茶会や食事会、小パーティーにと様々なシーンで大活躍する着物です。

【着物の種類③】江戸小紋

江戸小紋は小紋の中では格が高い着物になります。家紋が入っているものであれば訪問着や結婚式に参加する際の礼装として利用することも可能です。

特徴としては遠目でみると無地に見えるくらい細かい模様が施されているという点。近くで見てみると非常に細かく繊細な模様が入っており、年齢を選ばない、かなり上品な装いとなります。

【着物の種類④】付け下げ小紋

小紋柄を染めたもので、小紋と付け下げの間という印象です。小紋と同じくらいの格になるので、普段使い可能なカジュアルな種類の着物。

柄は軽いタイプのものが多く、華美になりすぎないものが多いという特徴があります。派手すぎないので、老若男女どんな方でも合わせやすい万能な着物です。

【着物の種類⑤】紬

価格も比較的リーズナブルなので複数枚持っておくと便利です。シンプルな模様のものを選択することで、和テイストな場所にはもちろんですが、洋テイストな場所にも馴染みます。

紬糸で織られた生地を使用し、光沢があまり目立たない独特の風合いを醸し出します。

生地は丈夫で軽く、おしゃれ着に最適。着ているうちに徐々に馴染んでいくのも紬の着物の特徴です。

華やかなシーンに最適な着物の種類は?

華やかなシーンに最適な着物も、いくつかあります。種類別に用途や特徴をご紹介します。

【着物の種類⑥】訪問着

結婚披露宴やパーティーなど公的なシーンで活躍するのが訪問着です。お宮参りや七五三など、おめでたいイベントのたびに着用可能なので一枚持っておくとかなり重宝します。

既婚未婚、20代から年配の方まで着用できる格の高い着物です。淡い色味のものが多く、上品な模様が多いのも特徴。

【着物の種類⑦】色無地

色無地は模様が全くない着物を指します。紋があるかどうかで使用シーンは変わります。

一つ紋が付いているものはお茶会や入学式などフォーマルなシーンにぴったりな着物となります。

着物が単色で無地なので、帯の華やかさが際立ちやすくコーデイネートしやすい着物です。

【着物の種類⑧】付け下げ

付け下げは訪問着の華やかさをなくすために作られた着物で、訪問着と比較すると模様が地味で控えめです。

しかし、付け下げも華やかなシーンでの着用を推奨されているものになるので、帯の種類や模様で豪華さを演出しましょう。色無地同様コーディネートしやすい上品な着物になります。

【着物の種類⑨】お召

お召は染めものと織物の間の着物で、比較的フォーマルなシーンで着用するものです。紬よりも柔らかく丈夫な生地が特徴です。

また、湿気に弱く縮みやすいので生地の保存が難しい着物になります。取り扱いや保管環境には十分に注意しましょう。帯の模様や格で、お召の格も高まります。

フォーマルな着物の種類とは?

フォーマルな場に最適な着物をいくつかご紹介します。

【着物の種類⑩】振袖

振袖は成人式に女性が着用する着物で、フォーマルな場面で着用する種類のものになります。

また、未婚であれば結婚式などの場面での着用も可能です。未婚の女性の第一礼装になり、華やかな模様が多い傾向にあります。

若い未婚の女性が着る着物なので、結婚後は着ることのできない着物の種類となります。

【着物の種類⑪】黒紋付

黒一色で染め抜かれた着物で、第一礼装となる着物です。最近では、喪服という名前で認知されています。

以前は華やかな帯と合わせて結婚式に出ることもありましたが、現在では葬儀で着用する着物として広く知られています。

【着物の種類⑫】黒留袖

既婚者が着用する着物で、最も核が高いとされるものです。地色が黒で、裾の部分にのみ模様が入っているのが特徴です。

結婚式の親族の礼装として使用されるのが一般的で、参列していただいたゲストに敬意を表するという意味合いがあります。

模様の位置が低く小さなものは年配の女性に、模様の位置が高く華やかなものは20代の若い方向けと言われています。

【着物の種類⑬】色留袖

色留袖は、既婚女性や未婚女性の礼装・準礼装用の着物です。上半身は基本的に無地で、裾にのみ模様が入ります。

五つ紋を入れることで黒留袖と同格になるので結婚式での着用も可能です。

格式が高い着物になるのでカジュアルなシーンには不向きです。祝賀会やパーティーなどにも重宝する着物になります。

結婚式に着て良い着物の種類とは?

結婚式に着て良い着物の種類は、限られています。いくつかご紹介します。

【着物の種類⑭】結婚式にふさわしい着物の種類

既婚女性の場合は黒留袖か色留袖、訪問着になります。結婚式では親族の既婚女性が多く着用します。その際、五つ紋を入れ格を高くして結婚式に参列します。

未婚女性の場合、色留袖か振袖、訪問着が第一礼装になります。色留袖、訪問着は既婚女性と未婚女性の両方が着用できる第一礼装として知られています。

また、振袖は袖の長さで格の高さが変わります。成人式や結婚式で着用されるのは、大振袖と呼ばれるもので格が一番高いものになります。

【着物の種類⑮】結婚式におすすめの着物の色

新郎新婦の第一親等の既婚者は黒い色を選択するようにしましょう。そのため、ゲストとして参加する場合、親族と被ってしまう黒と花嫁の衣装と被ってしまう白は避けるようにしましょう。

もちろん花嫁より目立ってしまうような華やかすぎる柄のものもNGです。もしも結婚式に白い着物を選択する場合は、帯や小物などを白以外の物にするなど配慮をしましょう。

着物の柄の種類と意味にいて

着物の柄はいくつか種類があります。柄によって意味が変わり、着用シーンも異なります。

名物裂文様

室町時代から桃山時代にかけて渡来した文様です。中国やインドから渡来したものが多く、時代裂とも呼ばれています。

格式のある文様として知られており、留袖や訪問着に使用されています。お茶の席などで着用するのが一般的です。

色や独特な柄の美しさが目立ち、少し格式高いパーティーなどでも活躍する着物になります。

有職文様

公家の服装や調度品に用いられていた模様がついたものを指します。模様に由来しているものが多いので、一年中季節を気にすることなく着用可能です。

有職文様には、鳳凰紋、雲鶴紋、立湧紋、菱紋などがあります。格式高い模様として着物に描かれています。

正倉院文様

奈良の正倉院で御物に使用された柄で、重厚な雰囲気がある模様です。日本の古典文様としては最古と言われており、かなり格調高いものとして知られています。

ウサギや亀などの動物模様や、花やつきなどの自然を表した模様などがあります。可愛らしいものが多く、現在でもなお人気がある文様です。

割付文様

一つの模様を規則的に繰り返している文様で、幾何学模様や麻などが代表的です。古くから用いられている模様で、端正で規則的に並んでいる図柄が特徴です。

着物の全面ではなく一部に割り付け文様をつけることも多く、ほかの模様や図柄と組み合わせて現代的なデザインにアレンジするケースもあります。組み合わせることでより深みのある上品なデザインとなります。

器物文様

筆、巻物、茶器など生活用品を描いた文様のことを器物文様と言います。特に扇面と呼ばれる扇のデザインのものは、開く扇の様から縁起が良いものとされています。

花や動物などと組み合わせたものも多く、様々な種類があります。桃山時代から広まり、江戸時代にはさらに多様化しました。

動物文様

動物の姿を表したもので、縁起物として扱われる生き物を描いているものが多い傾向にあります。

腰の曲がった長寿の象徴とされるエビや、夫婦の象徴とされる蛤など、かなりバラエティーに富んでいます。

また、組み合わせの模様も多く、可愛らしい文様が多いのも特徴。

自然文様

自然の中にある水、霞、雪、雨などを文様としたものを自然文様と言います。はっきりと実態のないものが多いので、抽象的なものが多いのも特徴です。

組み合わせで使用されることが多く、動物文様などのはっきりとした模様を活かすためのアクセントに使用されます。

植物文様

植物を文様化したもので、代表的なのは松竹梅の文様の物になります。縁起物として知られており、古くから愛されています。

また、桜や椿などの日本固有の花もたくさん描かれています。日本文化に興味を持つ外国人からも人気となっている種類の着物の文様です。

まとめ

着物には様々な種類があります。着用シーンが決まっているものや四季のある日本ならではの文様など様々です。

洋服が一般的になった現代だからこそ、着物に袖を通すことで特別な気持ちになれますね。

普段使いができる着物も中にはあるので、一枚持っておくとおしゃれの幅が広がります。

TPOに合った着物を選択し、日本ならではのファッションを楽しみましょう。

ミチコ